BDA Partners(以下BDA)は、アント・キャピタル・パートナーズ(Ant Capital)のファイナンシャルアドバイザーを務め、当社が運営するアント・カタライザー4号投資事業有限責任組合等が保有するアップルワールド(以下APW、親会社:アップルワールド・ホールディングス)の全株式の、じげん(以下ZIGExN)への譲渡に助言を行った。2018年2月9日に譲渡は、完了する予定。

APWは、世界約150ヵ国約11万件のホテル情報を、日本国内を主とする旅行代理店約3,000社や提携企業、個人ユーザーに提供するランドオペレーションアグリゲーターとして、法人向け(B2B)WEBメディアである『アップルワールド』と個人向け(B2C)WEBメディアである『ホテリスタ』を主に運営。

トランザクションハイライト
 顧客リレーションとセクターにおける深い知見:Ant Capitalは、BDAの旅行・テクノロジーセクターに関する取引実績や買い手候補とのリレーションに着目しアドバイザーとして起用
– 優れたトランザクション実行プロセスBDA は、ストラテジックバイヤー及びフィナンシャルバイヤーにグローバルに接触し、プロセスに競争環境をもたらした。 本プロセスにより、対象会社の評価をより高くする最適なパートナーを見つけ出すことに成功
– 信頼のおけるガイダンスBDAは、トランザクションプロセスの各段階において顧客と密に連携し、多言語でのマーケティング資料の作成・各企業のデューデリジェンスのサポート・諸契約条件の調整をサポートし、Ant Capitalにとって良い結果をもたらした

BDAディールチーム
安田光一郎、会長、東京
ジェフ・アクトン、マネージングディレクター、東京
マシュー・ドゥル、マネージングディレクター、香港
横原聡明、ディレクター、東京
フィリップ・ラザー、アソシエイト、東京
武藤沙紀、アナリスト、東京
アリッサ・シュナイダマン、アナリスト、東京

Ant Capitalについて
Ant Capitalは、プライベートエクイティ及び二次投資を専門とするプライベートエクイティ企業。プライベート・エクイティでは、買収、事業継承、成長資本、資本再編関連投資の機会を提供。二次投資では、未上場中小企業(二次直接投資)の少数株主持分及び機関投資家、事業会社が保有する株式投資(二次LP投資)の取得を展開。主に、インターネットビジネス(モバイルコンテンツ)、消費者小売業、産業、ビジネスサービス事業電子ビジネス(半導体や通信事業)、バイオヘルスケア事業(新薬開発)、新規サービス事業(環境関連サービス)を対象としている。同社は、主に日本、中国及びその他の東アジア諸国に拠点を置く企業に投資し、2,000万ドルから2億5,000万ドルの間の企業価値の事業会社の小口買収を5,000万ドルから1億5000万ドルで実施することを目指している。 www.antcapital.jp

ZIGExNについて
ZIGExNは日本のライフメディアプラットフォーム事業に従事し、人材、不動産、ライフスタイルの3つの部門を通じて事業を展開。サービス内容としては、ジョブチェンジEX(転職と就職情報ウェブサイト)、Dispatch EX(人材紹介会社や派遣社員の求人情報や代理店情報を網羅したウェブサイト)、パートタイムEX(アルバイト・パート募集ウェブサイト)、看護師募集EX(看護師募集/求人ウェブサイト)、薬剤師リクルートメントEX(薬剤師採用情報検索サイト)、Lease Smocker(不動産賃貸住宅の検索サイトである)がある。また、その他にも、プレミアム・スマーカー・エックス:Premock Smocker-ex (高級賃貸マンションの検索サイト)、Mysumi EX(不動産売却、土地利用、リースマネージメントに特化したサイト)、住宅購入EX(新築・中古マンション/戸建住宅に関する情報を提供するウェブサイト)、引っ越し見積EX(企業の引っ越し見積もりを提供するサイト)、SmaRE(不動産の売買を専門とするウェブサイトのデザインを含むマーケティング支援ツール)、Minorino(物件の改装を専門とする中古マンション取引ポータル)、プロバイダEX(高速モバイル通信の選択に役立つ比較サイト)、中古車EX(中古車情報サイト)、自動車購入EX(自動車購入の比較サイト)、結婚EX(婚活情報ポータル)、旅行EX(国内旅行情報サイト)、SHOP ZIGExN(顧客が海外のファッションアイテムを購入できる新しいショッピングサイト)を展開。 ZIGExN Co.、Ltd.は2006年に設立され、東京に本社を置く。 zigexn.co.jp

BDA Partnersについて
BDA Partnersは、クロスボーダー案件を主としてM&A、資金調達、リストラクチャリングのアドバイザリーを行う投資銀行である。1996年より一貫した経営体制下で安定的に事業を拡大しており、北米・欧州・アジア・中東の優良なファイナンシャルスポンサー及び事業会社にアドバイザリーサービスを提供。BDAは、ニューヨークに本社を置き、ロンドン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ホーチミン、香港、上海、ソウル、東京にオフィスを構える。2011年には、ウィリアム・ブレア&カンパニーと、2017年には、日本政策投資銀行と業務提携を締結。www.bdapartners.com

BDAは、米国証券取引委員会(SEC)に登録されたブローカー、ディーラーであり、FINRAとSIPCのメンバーであるBDAアドバイザーズを通して、米国証券業を実施。BDAの英国支店は、金融庁(FCA)によって承認され、同規制下にある。香港支店BDA Partners (HK) Ltd.は、Type 1 およびType4の規制された助言を専門投資家に対して行うため、証券先物委員会(SFC)のライセンスを取得し、規制下にある。