BDA Partners(以下BDA)は、双日のファイナンシャルアドバイザーを単独で務め、同社が保有するミツビシ・モーターズ・フィリピンズ(以下MMPC)の全株式(発行済株式49%)の三菱自動車工業(以下MMC)への譲渡に助言を行った。譲渡価格は、公表されていない。

MMPCは、フィリピンにて乗用車・商用車の製造及び販売を事業とし、自動車、SUV、UVまた、その他トラックやバスを提供する。当社は、ルソン島、メトロマニラ、ヴィサヤ、ミンダナオ等の、フィリピンの主要都市のディーラーを通じて、製品を販売。1963年に設立され、フィリピンのサンタローザに拠点を置く。

MMCは、日本に本社を置くグローバルな自動車製造会社である。本案件以前MMCはMMPCの株式51%を保有しており、案件完了後は100%を保有する。

BDAディールチーム
安田光一郎、会長、東京
ジェフ・アクトン、マネージングディレクター、東京
横原聡明、ディレクター、東京
木村真也、ヴァイスプレジデント、東京
フィリップ・ラザー、アソシエイト、東京
齋藤友貴、アナリスト、東京

双日について
双日グループは、総合商社として、自動車やプラント、エネルギー、金属資源、化学品、食料、農林資源、消費財、工業団地などの各分野において、物品の販売及び貿易業をはじめとして、国内および海外における各種製品の製造・販売やサービスの提供、各種プロジェクトの企画・調整、投資、ならびに金融活動などグローバルに多角的な事業を行っている。www.sojitz.com/jp/

三菱自動車工業について
三菱自動車工業は、同社子会社とともに、アジア・欧州・北米やその他地域にて、自動車及びその構成部品、交換部品並びに付属品の開発、設計、製造、組立、売買、輸出入その他の取引業を行う。同社の製品には、自動車・自動車エンジン・トランスミッション・プレス部品等が含まれる。また、農業用機械及び産業用エンジンならびに関連する交換部品も提供。中古自動車及びその構成部品並びに交換部品及び付属品の売買、計量器等の販売、損害保険及び自動車損害賠償保障法に基づく保険の代理業、金融業も行う。自動車エンジニアサービスも提供する。www.mitsubishi-motors.com/jp/

BDA Partnersについて
BDA Partnersは、クロスボーダー案件を主としてM&A、資金調達、リストラクチャリングのアドバイザリーを行う投資銀行である。1996年より一貫した経営体制下で安定的に事業を拡大しており、北米・欧州・アジア・中東の優良なファイナンシャルスポンサー及び事業会社にアドバイザリーサービスを提供。BDAは、ニューヨークに本社を置き、ロンドン、ムンバイ、シンガポール、ホーチミン、香港、上海、ソウル、東京にオフィスを構える。2011年には、ウィリアム・ブレア&カンパニーと、2017年には、日本政策投資銀行と業務提携を締結。 www.bdapartners.com

BDAは、米国証券取引委員会(SEC)に登録されたブローカー、ディーラーであり、FINRAとSIPCのメンバーであるBDAアドバイザーズを通して、米国証券業を実施。BDAの英国支店は、金融庁(FCA)によって承認され、同規制下にある。香港支店BDA Partners (HK) Ltd.は、Type 1 およびType4の規制された助言を専門投資家に対して行うため、証券先物委員会(SFC)のライセンスを取得し、規制下にある。