BDA Partners(以下BDA)は、動物用医薬品事業を展開するゾエティス社のファイナンシャルアドバイザーを務め、当社のプラントヘルス事業部門を日本曹達への売却に助言を行った。

BDAディールチーム
ジェフ・アクトン、マネージングディレクター、東京
横原聡明、ディレクター、東京
アリッサ・シュナイダマン、アナリスト、東京

BDA Partnersについて
BDA Partnersは、クロスボーダー案件を主としてM&A、資金調達、リストラクチャリングのアドバイザリーを行う投資銀行である。1996年より一貫した経営体制下で安定的に事業を拡大しており、北米・欧州・アジア・中東の優良なファイナンシャルスポンサー及び事業会社にアドバイザリーサービスを提供。BDAは、ニューヨークに本社を置き、ロンドン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ホーチミン、香港、上海、ソウル、東京にオフィスを構える。2011年には、ウィリアム・ブレア&カンパニーと、2017年には、日本政策投資銀行と業務提携を締結。 www.bdapartners.com

BDAは、米国証券取引委員会(SEC)に登録されたブローカー、ディーラーであり、FINRAとSIPCのメンバーであるBDAアドバイザーズを通して、米国証券業を実施。BDAの英国支店は、金融庁(FCA)によって承認され、同規制下にある。香港支店BDA Partners (HK) Ltd.は、Type 1 およびType4の規制された助言を専門投資家に対して行うため、証券先物委員会(SFC)のライセンスを取得し、規制下にある。