BDA Partners(以下、BDA)は、三精テクノロジーズ(以下、三精)のファイナンシャルアドバイザーを務め、三精によるVekoma Rides(以下、Vekoma)の100%株式取得に関する助言を行った。

Vekomaは、オランダに本社を置く世界屈指のジェットコースター製造会社で、高い品質と革新的なデザインが評価を得ており、世界中の遊園地に多くの納入実績を有する。三精は同社を完全子会社化することにより、米国子会社S&S Worldwide, Inc. (以下、S&S)と共に、遊戯機械のラインアップを大幅に充実させ、日米欧を拠点とするよりグローバルな生産・販売体制を実現し、世界No.1の遊戯機械メーカーを目指す。

三精の中川実社長は、「Vekomaは、ヨーロッパを拠点に世界中の有名な遊園地に納入実績があります。この度の株式取得・子会社化により、弊社のラインナップを更に増やすことで、顧客の満足度向上を目指します」とコメントしている。

BDAのマネージングディレクター、ジェフ・アクトンは、「S&Sの三精への譲渡のアドバイザリーを経て、この度は三精の買手側アドバイザリーを手掛けることができ、大変光栄に感じております。今回の買収により、Vekomaは三精の一員としてより発展していくことでしょう。これまでのクロスボーダー案件に、更に実績を積むことができ、海外企業の買収を検討する日本の顧客に対して、ポジティブな印象を与えることを期待しています」とコメントしている。

BDAディールチーム
安田光一郎、会長、東京
ジェフ・アクトン、マネージングディレクター、東京
フィリップ・ラザー、アソシエイト、東京
武藤沙紀、アナリスト、東京

三精テクノロジーズについて
三精は、遊戯機械や舞台機構及び昇降機等の企画、設計、製作、施工、保守を国内外で行い、物流サービスや電気機械のテレビ制作・コンサート・イベント等へのレンタルも実施。三精輸送機として1951年に設立し、2014年に三精テクノロジーズに名称変更。本社は、大阪府大阪市。www.sansei-technologies.com

BDA Partnersについて
BDA Partnersは、クロスボーダー案件を主としてM&A、資金調達、リストラクチャリングのアドバイザリーを行う投資銀行である。1996年より一貫した経営体制下で安定的に事業を拡大しており、北米・欧州・アジア・中東の優良なファイナンシャルスポンサー及び事業会社にアドバイザリーサービスを提供。BDAは、ニューヨークに本社を置き、ロンドン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ホーチミン、香港、上海、ソウル、東京にオフィスを構える。2011年には、ウィリアム・ブレア&カンパニーと、2017年には、日本政策投資銀行と業務提携を締結。www.bdapartners.com

BDAは、米国証券取引委員会(SEC)に登録されたブローカー、ディーラーであり、FINRAとSIPCのメンバーであるBDAアドバイザーズを通して、米国証券業を実施。BDAの英国支店は、金融庁(FCA)によって承認され、同規制下にある。香港支店BDA Partners (HK) Ltd.は、Type 1 およびType4の規制された助言を専門投資家に対して行うため、証券先物委員会(SFC)のライセンスを取得し、規制下にある。